修学旅行 IN コタキナバル
パパガ村ホームステイ
1日目

ペナンから飛行機で約3時間、車で約30分かけてボルネオ島にある「パパガ村」へやってきました。代表の挨拶は、日頃の学習の成果を生かし、もちろん英語で!

ついて早々に、おもてなしを受けました。
手作りのおかしをいただきました。どれも、美味!

歓迎のお礼に、男子は「醤油餅」をふるまい、女子は、リコーダーで演奏しました。

伝統あるダンスにもチャレンジ!難しかったけど、みんなで頑張って、踊りました。バンブーダンスでは、なんと校長先生が一番上手でした!

3日目は こちらから
2日目は こちらから

サゴの木にいる、ゾウ虫の幼虫です。こちらでは、昔から貴重なタンパク源だったそうです。ローストしたものを、みんなで美味しく?いただきました。(全員完食!)

パパガ村のみなさんともお別れです。
本当によくしてくださいました。
マレーシアの様々な文化に直接触れることができ、貴重な体験もたくさんできました。

ファイト〜!オ〜!

近くを散歩していると・・・学校が・・・
どうやら体育の授業中!サッカーをしている様子。飛び込みで、日馬交流戦開幕!結果は1ー1のドロー。白熱したいい試合でした。突然の申し出を受けてくださったみなさん、テリマカシ!