浄水場見学

2011年 7月14日

わたしたちが毎日飲んでいる水ってどこからくるの?
その水はどうやったら飲めるようになるの??
日本の浄水場とどこがちがうの???

いろんな「?」を解決しに、いざペナンの浄水場へ!!

これが配水場だ!
びっくりしたことがたくさんあったね! 今まで知らなかったことをたくさん学んだね! 浄水場の前で、はいチーズ!

ここから、競馬場のあたりに水を配水します。この配水場いっぱいに水をためても1日でなくなってしまいます。
浄水場のお仕事は24時間、年中無休なんですって・・・

「ここは何ですか?」
「ろか池(ろかち)といいます。沈殿池(ちんでんち)でごみを取りのぞいた水を、さらにフィルターのようなものでこすんだよ!」

「へええー。」

「フィルターの役目をするのは、とっても細かい砂だよ」

「砂!?」

水槽の中で泳ぐかわいい魚たち。

「浄水場でも魚を飼っているんだね!」
「この水槽の中には、浄水する前の山の水をいれています。」

「どうして?」
「もし、水の中に有害なものがまざっても、魚が死んだらすぐわかるでしょ?」
「ひえええええー!」

「せんせーい、ここボタニカルガーデンですよー」
「このボタニカルガーデンのてっぺんに、浄水場があるんです。」
「バスで行くの?」
歩きます!!!」
「ええええー!!!」

「お仕事をしていて、いちばん大変なのはどんなときですか?」
「うーーーーん。やっぱり、仕事中に巨大なへびやさるが出たときかな!」

「えええええー!!」

しつもんタイム!
〜おまけ〜
さあ、浄水場へ!

でもまだ水がにごってるね・・

水はこの山のてっぺんからきます

薬を混ぜて、よーくかきまぜます

見学スタート

浄水場の案内図。手描きのイラストがかわいいです。


また来たいね