中学部  ACS訪問

交流会も行いました。PJSのみんなで「流れゆく雲をみつめて」を合唱しました。

ACS(Asia Community Service)のStepping Stonesという障害者自立支援施設を訪問しました。
成人の知的障害者の方々と一緒に、庭作業やリ古紙サイクル作業を行い、
障害に対する理解を深め、現地の人とのふれあいを図りました。

最後は輪になって、SMAPの「世界に一つだけの花」を一緒にうたいました。

ACSの方々はダンスを披露してくださいました。PJSの生徒たちも一緒に踊り、盛り上がりました。

だんだん、  はげしくなります!
ASCの皆さん、また来年会いましょう!

朝8:00、学校での出発式を終えて、バスに乗り込み施設へ向かいました。学校から約1時間かけて到着です。さっそく施設の方が日程と作業について説明をして下さいました。

作業の後は、ティータイム
お茶とおやつをごちそうになりました。
作業に入る前に、毎朝行っているというエアロビクスを体験しました。
体操の号令は、サトゥ・ドゥア・ティガ・・・とマレー語でした!
作業中に施設の方が話しかけてくれましたが、マレー語が理解できずもどかしい思いをしました。もっと勉強しなくてはいけませんね!

リサイクルを担当した生徒は、施設の人たちが回収してきた古紙をひもで縛る作業を行いました。

体操のあとは、庭作業と古紙リサイクル作業を行いました。