バンナナと殿様
バンナナと殿様
バンナナと殿様

江戸時代のお話。
ある国にバンナナという世にも珍しい果物が届きました。
バンナナを初めて見る殿さまや家老、そして家来のやり取り。
年貢を負けてほしい百姓とのやり取りが繰り広げられました。

殿に進言する家老
13名1人ひとりが自分の役割以上を果たし、 共に協力して 素敵な劇が完成しました
年貢を負けてほしい百姓 毒味もさせられます
バナナの皮で転ぶ殿と見守る婆
バナナを食べる家来たち