校長室の窓ブログ

ペナン日本人学校ホームページ「校長室の窓」R2.7.22

 ついに全校児童生徒が勢揃いいたしました。学校だより「かがやき」に載せた私からのメーセージを紹介いたします。

令和2年度がスタートいたしました。学校に活気がよみがえりました。

7月15日(水)、小学部5・6年生及び中学部2・3年生の始業式、中学部入学式を行いました。そして、本日22日(木)は、小学部2~4年生の始業式、小学部入学式を行いました。新型コロナ感染防止対策としてマレーシア全土の学校が長期間に渡って休校となり、学校の再開を今か今かと待ちわびる日々が続きましたが、こうして学校再開の日を迎えることができ、喜びもひとしおです。

保護者の皆様、お子様のご進級、ご入学誠におめでとうございます。休校中は、教科書や教材の配付、授業動画による学習等で、多くのご支援をいただき、ありがとうございました。心から感謝申し上げます。本年度も在ペナン日本国総領事館、ペナン日本人会、ペナン日本人学校運営委員会、そして保護者の皆様の支えのもと、全教職員が力を合わせ、誠心誠意全力を尽くしてまいる所存です。学校とご家庭との連携が何よりも心強い支えです。よろしくお願いいたします。

色々な制限がある中での学校生活に、子どもたちは窮屈さや不便さを感じることも多いと思いますが、本年度もペナン日本人学校教育目標『PJSかがやきプラン』を合い言葉に教育活動を進めていきたいと考えています。始業式では、「考える子!みんなの工夫で、学校生活が少しでも快適になるといいですね。がんばる子!自分の目標を掲げ、目標達成に向けて努力しましょう。やさしい子!お互いを思いやる心で、みんなが気持ちよく生活できるようにしましょう。協力する子!みんなで心と力を合わせれば、どんなことでも克服できるような気がします!」と、願いを伝えました。

さて、7月17日(金)、今年度初めてのお別れ式が行われました。学校の再開を待たず、お別れ式なく学校を去っていった子どもたちのことも紹介しました。「やっと学校が始まったと思ったのに」と、残念な気持ちがこみあげてきて、誰もが淋しさを隠せません。けれど、いくつもの偶然が重なり、めぐりめぐってペナン日本人学校で出会い、一緒に楽しい時間を過ごすことができたことを喜び、新天地で元気に活躍してくれることを祈りたいと思います。

なお、本年度4月当初は新入学生(小学部1年生15名、中学部1年生15名)を含め、小学部115名、中学部37名、合計152名、派遣教員・現地採用教職員28名でスタートしております。












ペナン日本人学校ホームページ「校長室の窓」R2.7.15

待ちに待った学校の再開。小学部5・6年生と中学部のみですが、学校に活気がよみがえりました。登校してくる子どもたちと挨拶を交わしながら、当たり前と思っていた普段の生活が、いかに尊いものだったのかを、教えられたような気がします。

始業式では、子どもたちに次のようなことを伝えました。

おはようございます、スラマパギ。

皆さん進級おめでとうございます。やっと皆さんとペナン日本人学校で会うことが出来ました。とにかくうれしい気持ちで一杯です。元気そうな皆さんの様子に安心しました。皆さんの顔を見ながら、今とても幸せな気分です

3か月に渡る休校の中、不自由な思いをたくさんしたことと思います。また、中学部3年生の皆さんには、6月に学校再開を伝えながら、それが取り消しになり、残念な思いをさせてしまったこと、心から申し訳なく思っています。

大変な状況の中にあっても、授業動画での学習や課題の提出をよく頑張りました。先生方が、皆さんのことをたくさん褒めておられました。LIVE授業の様子を参観した際は、先生や友だちと声をかけ合い、楽しそうに勉強する様子を見ることができました。皆さんのことが誇らしかったです。

さあ、今日から学校が始まりました。残念なことに、いつもとは違って、色々な制限があって、窮屈さや不便さを感じることが多いと思います。けれど、こんな時だからこそ、ペナン日本人学校の学校目標「PJSかがやきプラン」を実践しましょう。「考える子」みなさんの工夫で、学校生活が少しでも快適になればいいなあと思います。「がんばる子」自分の目標を掲げ、目標達成に向けて努力しましょう。「やさしい子」お互いを思いやる心で、みんなが気持ちよく生活できるといいですね。「協力する子」みんなで心と力を合わせれば、どんなことでも克服できるような気がします。皆さんの活躍を楽しみにしています。期待しています。

さて、日本政府、文部科学省が日本にいらっしゃる先生方の赴任を始める動きに入ったという連絡が届いています。もう少しの辛抱のようです。阿部先生、秋田先生、菅野先生に直接お会いし、一緒に生活できる日を楽しみにしていてください。

まだまだ、世界中で新型コロナウイルスとの闘いが続きます。私たちの困難も続きますが、学校が始まり新しい一歩を踏み出せたことの喜びを噛みしめ、ますます輝くペナン日本人学校をつくっていきましょう。

 始業式終了後、中学部2・3年生で速やかに会場準備を行い、9時から中学部入学式を開催しました。座席は1メートル間隔をキープし、全員マスク着用、国歌・校歌は歌わず静聴、例年とは違う入学式となりましたが、紅白幕に囲まれた会場で、教育局から許可を得たことで保護者の皆様にもご出席いただき、厳粛な雰囲気の中、開催することができました。中学校入学は、人生の大きな節目であり、飛躍のチャンスです。新入生には、新しい勉強や取り組みはもちろん、苦手なことや今までやろうと思ってできなかったことにも思い切って一歩踏む込むことで、自分の可能性を広げ、新しい自分を見せて欲しいと思います。





ペナン日本人学校ホームページ「校長室の窓」R2.4.30

本日の朝、動画を通して子どもたちに伝えたメッセージを紹介いたします。

おはようございます、スラマパギ。皆さん、元気にしていますか?

始業式、入学式は延長になりましたが、新しい学年への進級、そして小学部1年生、中学部1年生の皆さん入学おめでとうございます。今日から、令和2年度のペナン日本人学校がスタートします。5月4日月曜日からは、新しい学年の学習を勉強する授業動画を配信します。小学部1年生の皆さんも、初めての授業、頑張って勉強してくださいね。

さて、ペナン日本人学校の学校目標は「PJSかがやきプラン」です。ペナン日本人学校の子どもたちは、か!「考える子」が!「がんばる子」や!「やさしい子」き!「協力する子」を目指しています。

お友達や先生に会えない、外遊びができない、お家の中だけの生活が続きますが、どうすれば楽しく過ごせるか、しっかり考えましょう。授業動画を見て、先生のいうことをよく聞いて、勉強をがんばりましょう。どんなときも、お家の方にやさしくしましょう。協力して、たくさんお手伝をしましょう。キラキラと輝く皆さんでいてください。応援しています。

最後に ペナン日本人学校の新しい先生方を紹介します。秋田智康(あきたともやす)先生、阿部雅之(あべまさゆき)先生、菅野眞己子(すがのまきこ)先生の3名です。先生方は、コロナウイルスの問題で、まだ、ペナンに来ることはできませんが、5月4日からの授業動画で、勉強を教えてくださいます。先生方の自己紹介動画を見て、お名前とお顔を覚えましょう。

それでは、みなさん、学校で会える日を楽しみにしています。さよなら!

 





ペナン日本人学校ホームページ「校長室の窓」R2.4.20

本日の朝、動画を通して子どもたちに伝えたメッセージを紹介いたします。

おはようございます、スラマパギ。

修了式から1か月以上が経ちました、皆さん、元気にしていますか?今日(420日)が始業式で、明日(421日)が入学式、学校で会えるはずだったのに、本当に残念です。でも、今日から先生たちが、授業動画を配信します。しっかり勉強して、新学期の準備をしてください。応援しています。

外遊びができない、お友達や先生に会えない、そんな不自由な生活の中でも、皆さんに新しい発見があったり、自慢できるような頑張りがあったりすると、うれしいです。新学期が始まったら、ぜひ、教えてください。楽しみにしています。

今、コロナウイルスのために、世界中の人々が、たいへんな困難と闘っています。私たちも、我慢の日々が続きます。けれど、みんなで会える日のことを思うと、乗り切ることができそうな気がします。学校の再開が、待ち遠しいです。それまで、お家の方と一緒に過ごせる時間を大切にしてください。皆さんの健康を祈っています。

それでは、また、さよなら!