ペナン日本人学校におけるインターネット利用に関する校内規定

ペナン日本人学校 _ 

 〔本規定のねらい〕
1.この規定は、ペナン日本人学校(以下「本校」という)におけるインターネットの利用に関しての必要な項目を定めるものとする。本校はインターネットの利用に際し、以下に定める規定に基づき、運用するものとする。
 
 〔インターネット利用の基本〕
2.本校においてインターネットを利用するにあたっては、児童・生徒および関係者の個人情報の保護に努めるとともに、児童の情報活用能力の育成を図り、開かれた学校の推進、国際理解教育の推進、総合的な学習の推進等、教育の推進に寄与するように努めなければならない。

 〔取り扱い責任者〕
3.学校長はインターネットの利用の適正を図るため、本校の職員から情報教育担当者をおくものとする。
(1) 情報教育担当者は、本校のホームページおよびメールアドレスに関する統括者として、学校長の指導のもと管理・運営にあたる。
(3) 情報教育担当者は、本校ホームページへのページの掲載や更新を行う。
(2) 情報教育担当者は、本校に宛てられた電子メールの管理を行う。
(4) 情報教育担当者は、インターネットの接続に必要な環境の設定にあたる。
(5) 情報教育担当者は、本校ホームページを日常的に閲覧し点検する。承認を得ずに掲載、更新したページを発見した場合はすみやかに削除し、承認を得た後に掲載する。

 
〔インタ一ネットの主な利用形態〕
4.インターネットの主な利用形態は、つぎの各項に定めるものとする。
(1)情報の発信
本校の概要、学校行事、特別活動等の児童・生徒の活動の様子、各教科での学習の様子やまとめ等の学習成果について、学校のホームページで発信する。
(2)電子メールの送受信
日常の校務等における必要な連絡の送受信、および学校のホームページに対する一般からの質問・意見・要望等に関しての送受信をする。
(3)学習に関する情報検索および収集
学習に関連する情報を検索・収集したり、関連する質問を送り回答を得たりする。
(4)教材作成
授業での活用を目的とした情報および画像データや文書データを検索・収集し、教材づくりに活用する。
(5)国内および国際交流
本校と交流のある国内の学校や海外の都市・学校等と通信する。

 
〔本校ホームページの作成の意義〕 
5.本校ホームページ公開の目的は、次の通りとする。
(1) 本校の特色を、広く一般に紹介する。
(2) 児童・生徒の学習成果や活動を、広く一般に公開する。
(3) 本校の児童・生徒の活動を保護者に公開し、活動への理解と協力を得るために活用する。
(4) 海外設置校の特性を活かし、マレーシアやペナンの地域の特徴や特色に関連する情報を、広く一般に公開する。
(5) その他、本校の教育活動をより充実、発展したものにするために活用する。 

 
〔個人情報の発信とその範囲〕
6.インターネットを利用して児童・生徒の個人情報を発信する場合は、保護者に公開の同意を得る必要がある。
7.インターネットで発信する児童・生徒の個人情報の範囲は、つぎの各項に定めるところによる。
(1) 氏名
原則としてフルネームは使わない。ただし、教育上必要がある場合には、フルネームを使うことも可とする。
(2) 意見・主張等
児童・生徒の意見、考え、主張等については、教育上の効果が認められる場合において発信することができる。
(3) 写真
児童・生徒の写真を使う場合は、集合写真とするなど個人が特定できないよう配慮する。ただし、電子メール等で相手が特定される場合には、教育上の必要に応じて、個人写真を使うことができる。
(4) 個人情報
住所、電話番号、生年月日、趣味・特技、その他の個人情報は発信しないものとする。ただし、電子メール等で相手が特定される場合には、必要に応じて、年齢、趣味・特技等の自己紹介程度の個人情報を発信することができる。この場合においても、住所、電話番号、生年月日は発信しないものとする。
8.本人もしくは保護者から発信内容の訂正や取り消しの要請を受けた場合は速やかに発信内容を変更しなければならない。

 
〔教師による指導の徹底〕
9.インターネットを利用する場合には、他人の中傷をしない、著作権や知的所有権に配慮するなど、インターネットにおける基本的モラルに留意するとともに、児童・生徒の情報モラルの更なる育成を図るものとする。
10.児童・生徒がホームページや電子メールで発信するデータや情報は、教師の確認を経てから外部に発信することを原則とする。

 〔セキュリテイ〕
11.インターネットを利用するに当たっては、個人情報およびデータ等の保護に努めるものとし、セキュリティについて以下のことを徹底する。
(1) インターネットの特性を考慮し、教育上有害な情報の取り扱い等の指導を徹底するとともに、ブラウザーソフトのセキュリティ機能を利用して教育上有害な情報にアクセスできないように努める。
(2) 校内LANに接続する場合には、外部接続のパソコンと校内LANとの間にネットワークに接続されたLAN内のセキュリティを保つためのソフトウェア等を設け、校内LANの外部からの違法な侵入を防ぐこととする。
(3) 個人情報を含むデータは、十分にセキュリティ面を考慮したサーバーに置くか、もしくはフロッピーディスク等のリムーバブルな媒体に保存して管理し、外部のネットワークから閲覧できないようにする。
(4) コンピュータウイルスの被害を予防するため、最新のワクチンによるウイルス検査を定期的に実施する。

 
〔リンク〕
12.本校のホームページ対する他からのリンクは、教育目的のものは原則として自由とする。
13.本校のホームページから他のページへのリンクは、教育的効果を十分配慮し、設定するものとする。有害情報等が含まれると判断されたページへのリンクは設定しない。

 
〔電子メールの管理〕
14.本校に宛てられた電子メールの管理は、次の通りとする。
(1) 情報教育担当者は、本校に宛てられた電子メールの到着をチェックする。
(2) 学校宛・学校長宛の電子メールは、閲覧用バインダーにプリントアウトして、校内決裁に回す。
(3) 特定の担当者および個人宛の電子メールは、プリントアウトしたものを当人に伝達する。

 
〔本規定の見直し〕
15.学校教育におけるインターネット利用の進展に伴い、この規定に示した事項の見直しの必要が生じたときは、校内において十分な検討を経て、基準の見直しを行うものとする。

 
〔ホームページ上での規定の明記〕
16.本規定を学校のホームベージ上で明記するものとする。

 
〔その他〕
17.本規定は、平成15年11月18日から運用を開始する。