訪ねた家はリンクハウスの総2階の家でした。
周辺は中国人が多く住む閑静な住宅街。
                   
〔外観〕                      
訪問したお宅は築29年の建物でしたが,数年前引っ越してきたとき
にリフォームをしたので隣りやご近所とは違って外装もとても新しく
きれいでした。 
                  
窓・・・・スライド式のガラス窓とアルミサッシの窓で全てに盗難防
     止の鉄格子がついています。車庫は玄関の前で車が2台程
     度入る広さです。
                   
〔内観〕
入り口・・地面より1段高くなっています。
     入り口で靴をぬいで外に置きます。
     入り口の手前に天の神が祭られています。

         
室 内・・床はタイルか大理石です。各部屋に,エアコン,
     ファンがあります。
 
祭 壇・・ 家の内外あちらこちらに神様を
      祭っています。
             
祭壇は入り口の真正面にあり,商売の神である財冨の神(家族を守る
神である観音様に変わる事もあります。)がどこの中国人の住まいに
もあります。正面の祭壇の下には,家を守る地の神が祭られています。
台所にも神棚があります。この神様は台所の神様で,甘い餅(ピーナッツ
やジンジャーを入れる)をお供えします。

 家の外の玄関横の壁には家を守る天の神が祭られています。
 旧1月15日に線香を立ててお祈りする人もいれば,毎日午後に線香を
 立ててお祈りする人もいます。
 祭壇を設置する場所やその祭壇がどの方角を向けばよいかということに
 ついては方位学などできちんと決められているそうです。                  

〔内観〕
飾り  ・・・・部屋の壁にも,風通しを考え,天井まで
        に隙間があり,飾り隙間を造っています。
        さくや手すりや窓には,マレー風の細か
        い模様の彫刻が施されています。

入り口・・・1階があれば,入り口で靴を脱ぎます。
       高床式であれば,階段を上ったところで靴を脱ぎます。

8 ペナンの人々のお住まい拝見!!

 ペナン島の東側の町並みでは,コンドミニアムやリンクハウス,
セミディタッチ(家が2軒つながっている),そしてカンポン(村)で
よく見られる高床式の家など,さまざまな形の家があります。
 また,ペナン,マラッカ,シンガポールだけにあるニョニャスタイ
ルに英国スタイルが混ざったStrait Design(海峡スタイル)の
テラスハウスも見られます。

また,木の扉の入り口には全能の神である象(Ganesh)
の絵が飾られています。
インド系のお宅の入り口にはたいていこのような飾りが
あるそうです。

いろんな図柄が
あるんだって。
大切なお客さんが来るときに
かくそうです。

Bインド系の人々の住まい

2階には・・・
 ベッドルームが4つとトイレがありました。おじゃましたお宅は
 4人家族でアマさんも住み込みでしたので,
 両親の 部屋、子供部屋が2つ,
 アマさんの部屋というふうに部屋が分かれて いました。
 また,外観の写真からもわかるように少し広めの
 バ ルコニーがあり,日当たりもよく洗濯物などを
 乾かすのにとて も便利です。

地の神

外から見たところ

天の神

高床式とは,地面に立てた柱の上に
高く張った床を造った
建物のことだよ。
どうして,こんな造りにしたのかな?

寝室 ・・・・・・・・ベッドか,部屋の隅にたたんでしま
            ってあるマットを床にしいて寝ます。
           長い抱き枕がおいてあります。
           
トイレ・・・・・・・家の外にあります。                  
浴室・・・・・・・・家の中にあり,お祈りの前に必ず体を
          清める水浴び(マンディ)をします。

居間・・・  冠婚葬祭のためだけではなく、
       いつでも集まって会話ができる
       ように,必ず入り口を入るとす
       ぐに居間があります。
                              台所・・・  必ず家の一番奥にあります。昔
       は調理に出たゴミは台所の窓か
       ら外に投げら,にわとりなどの
       家畜のえさになりました。その
       ために台所は,人目のつかない
       奥にあります。

高床式・・・家の東側に階段があり,階段を上るとオープン
      スペースがあり,そこには腰掛けなどがあって,
      人々が寄り添って話ができるような,広間があ
      ります。

外観・屋根・・・かやぶきかトタン板で風通しを
        考えて少しずつ屋根の位置をず
        らしています。
        外の壁や床は木で,1階に部屋
        があると床はコンクリート張り
        で,気温が下がるように造って
        います。  

窓   ・・・・木で造られていてたくさんあり,
        大きな開閉窓になっています。

「セミディタッチハウス」

お祈りは一日2回,日の出前と日の入り後にします。
お祈りの時にはフルーツなどをお供えします。火曜日と金曜日は特に
念入りに長くお祈りをするそうです。
台所・・・・・・・・・玄関を入って左手がダイニング(食事室)とキッチンです。
            キッチンには冷蔵庫や電子レンジなどの電化製品がおいて
           あります。
            ガスコンロはキッチンの奥手の仕切られた所にあります。

鉄格子の前のタイルには歓迎の気持ちを表すためにライ スパウダー
を水でとかしたもので模様を描いてくれてい ます。

祭壇,お祈り・・・・・・・・・・・居間の奥の部屋には大きな祭壇がおい
                 てある,お祈りのための部屋がありま
                 す。
                 インド人はヒンドゥ教を信仰し,一般
                 に財の富の神(Let chmi),学問の神
                (Seraswarhy),無病息災 の神
                (Mariamma)を祭っています。
玄  関・・・・・・床は地面とほぼ同じ高さで,入り口で靴を
          脱ぎます。   
          木の扉と鉄格子があります。

2階ベッドルーム

1階リビングルーム

・バナナ・・・・・・・・・・・・・ ・福を招き入れる。
・飲み物・・・・・・・・・・・・・・お金(金運)を招き入れる。
・陶器の入れ物)・ ・・・・・・・・・ 悪いものを取り払う。
・パイナップル・・・・・・・・・・  いい風(幸運)を呼び込む。
・7色の花・・・・・・・・・・・・・ ローカルの神の花をあらわします。

 訪ねた家はコンドミニアムの3階にあるお宅でした。
 周囲はむかしながらのマレーの家や自然が残る静かな場所でした。

「リンクハウス」

「テラスハウス」

「マレーハウス」

「高床式の家」
コンドミニアム」

「水上住宅


 中国系の人たちはとても信仰心が厚く,
家の決められた場所に神様をお祭りして
毎日熱心にお祈りをしているんだよ。

@マレー系の人々の住まい

リビングルーム・ダイニングルーム・・・
 私たち日本人が住んでいるコンドミニアムと間取りは違いますが,
 置かれているソファーやテーブル,テレビやAV機器などはほぼ
 変わりません。

キッチン・・・
 キッチンに備えられているもの(レンジ,流し,調理器具類,
 オーブンレンジ,電子レンジ,
 食器棚など)もほぼ変わりません。

A 中国系の人々の住まい 

台所の神

居間・・・玄関で靴を脱いで入ると右手に居間があります。ソファ,テレビ,
     サイドボードなどがあります。大きな絵も飾っています。

2階ベッドルーム

祭 壇

@マレー系の人々の住まい

A 中国系(けい)の人々の住まい 

Bインド系(けい)の人々の住まい