スターフルーツ(ゴレンシ)

 スターフルーツは、東南アジアが原産で、日本では、鹿児島や沖縄で生産されているカタバミ科の植物です。スターフルーツは、果物よりも野菜に近く、だいたい一年中採れます。 スターフルーツは、ゴレンシ(日本語)とも呼ばれますが、本当の正式な名前を、みなさんは知っていますか?本名は、「アベロアカランボラ」と言う名前なのです。この果実を輪切りにすると星の形になることから、ゴレンシや英語名の、スターフルーツと言う名がついたのです。
 形はだいたいだ円形で重さは約300g、長さは8〜10cmです。滑らかな外皮は未熟のうちは緑色ですが、熟してしまうと淡黄色になります。また、
華やかな金色になるものもあります。つるつるした美しい肌が特徴で、一旦柔らかくなってしまうとすぐに風味が無くなってしまうので、まだ硬い内に食べてしまうのがいいです。五つの角は苦いので薄く切り落としてから食べます。ほとんどのスターフルーツはやや酸味がありますが、ハニースターフルーツという雑種は、味は甘くて芳香があります。スターフルーツは、デザートとして利用されたり、東南アジアでは、辛味のサラダなどに入れて楽しまれています。また、ジュースにしてもおいしくていいです。
 また、二日酔いの治療薬になるビタミンA、Cが豊富に含まれていると言われます。選ぶのなら、大きく重みのあるものがベストです。(褐色の斑点のあるものは、鮮度が落ちていておいしくありません。)中国では好まれている果物でもあり、解熱、解毒にも使われます。ピクルスにも利用されます。

食べての感想
 私は個人的に、ジュースにして飲む方が好きですが、人それぞれでそのまま食べる方がおいしいと言う人もいます。私の家には、ジューサーがあって、それを使ってジュースにして飲んでいます。ここペナンでは、屋台や、キャンティーンなどでオーダーすることが出来ます。 ペナンに来た際には、是非食べたり飲んだりしてみてください。
       by mayumi